ここがすごい! 阿川イチロヲのレッスンの特徴

生徒の負担を可能な限り減らし、能率は最大限

「分かりやすさ」のレベルと「充実度」が違う専用の自作教材などを使用。
綿密に練ったカリキュラムに基づき、1人1人の個性(間違え方のクセなど)や状態を
絶えず確認しながらサクサク&ラクラク進んで行くので

「毎回、どんどん実力がアップしていくのを実感できる」

「やればやるほど、楽しくなってくる」

と大好評です!!
 

たったこれだけの時間で、中学3年分を完ぺきにできる

中学3年分の内容を、完ぺきに自分で使いこなせるレベルになるまでの目安は・・・

  • 中学2年生~3年生  ・・・ 約6ヵ月~1年(1回60分、24~48回)!
  • 高校生以上      ・・・ 約3ヵ月~1年(1回60分、12~48回)!

* サクサク&ラクラクだけどしっかりした実力が身につくので、
  これまでほとんどの受講生が特別な対策をするまでもなく、
  中学生の段階でごく普通に英検準2級に合格しています。
 

数字が示す圧倒的な支持率と満足度

「英文法のトリセツ」シリーズは、語学書では異例の20万部を超えるベストセラー。
無料体験レッスン後の入校率は、なんと90%以上。

 

中学生や高校生に限らず、小学生~浪人生・社会人まで幅広い受講生

阿川イチロヲのレッスンは、中学生や高校生はもちろん、
小学生から浪人生・社会人まで、いろいろな年齢&レベルの方に幅広く対応しています。

「本当に英語が苦手」という人から「もっともっと得意にしたい」という人まで、
どなたでもきっと大満足。

実際、これまでに、学生さん(偏差値30以下から70以上まで)はもちろん、
高卒認定を目指すフリーターさん、医学部志望の浪人生さん、担当生徒の保護者さん、
公務員さん、会社員さん、自営業者さん、お医者さんなど、おとなの生徒さんもたくさん。
いろいろな方たちがご受講くださっています。

  

でも、どうしてそんなに分かりやすいの? (・_・)?

分かりやすさの秘密は、阿川イチロヲの少し変わった経歴にあります。

実は、阿川イチロヲは、中学時代にすでに英語は平均点以下、
高校時代も「進研模試(ベネッセ)」の偏差値が40前後、
定期テストでは赤点(欠点)を5回も取ったという、
かなりの「英語負け組み」でした(高校中退経験もあり)。

それでもなんとか他教科で奇跡がおきたりした結果、大学に合格。
そのまま調子に乗ってアルバイトで家庭教師を始めてみたところ・・・

なんと、自分が
 
Do you ~? と Are you ~? の使い分けすらあやふやだった
 
 
ことを思い知らされたのです。

ショックと焦りで、汗がだらだら。。。

自分自身がちゃんと理解できていないことを、人に説明したり
教えたりできるわけがありません。
 
 
このままでは、即クビか、ただの給料泥棒という状態で・・・

  • 「ここでいきなりクビになったら、いくらなんでもカッコ悪すぎる!」
  • 「給料泥棒を承知で続けるほど図々しい奴にもなりたくない!」
  • 「なにより、自分として、中学1年レベルすらあやふやなんて屈辱すぎる!」

そう思ったのがきっかけで、
 
独学でゼロから少しずつ英語をやり直し始めました。
 
 

以来、ひたすら、

より無駄のない考え方やとらえ方、
 
生徒の立場で考えた場合に分かりやすい説明の仕方について
 
試行錯誤と工夫を重ねながら、
  
 
英語を教え続けました。

その結果、
 
「生徒が一体どこにつまずいているのか? どう説明すれば伝わるのか?」
 
「どう考えれば無駄がなく分かりやすく合理的なのか?」
 
「なるべく能率よくラクに英語力を上げるにはどうしたらいいのか?」
 
 
といったことが、誰よりもよく分かるようになったのです。

そして、いつの間にか生徒や保護者から絶賛されるようになりました。
調子に乗ったボクは、その勢いで「自分の本を出す!」という野望を抱き、達成。

そうして発表した本が、その「分かりやすさ」で大評判となった後も、絶えず

「生徒にとって、さらに楽で分かりやすい教え方」

というのを、考え続けて現在に至ります。

これが、分かりやすさの秘密(と、自己分析)。

→ トップページ
→ 聞・読・書・話
→ 基本カリキュラム
→ 本と生レッスン
→ システムと料金
→ 阿川イチロヲの本の紹介へ
→ オススメ教材