「英語力」を構成する4つの要素 聞く・読む・書く・話す

英語力を構成する4つの要素と、阿川イチロヲ英語スクールにできること。

(*`Д´)ノ Listening : 聴く力を身につけるには?

リスニング力を上げるためには、もちろんネイティブによる本物の
英語の音を聴くことが大事です。

でも、英語と日本語では、発音が全然違う点に注意!

だから、何も考えずにただ闇雲にたくさん英語を聞くよりも、
最初にある程度英語の文字と発音のルールやポイントを理解してから
聴く方が、能率が良いのです。
 
阿川イチロヲ英語スクールでは。

超・初心者の方でもアルファベットがあやふやな小学生でも
ラクラク取り組むことができるオリジナルの音声トレーニング教材を
ご用意しているのでどなたでも安心♪

中・上級者に対しては、実際に阿川イチロヲ自身が試して「良い!」と
感じたオススメ教材と、効果的な取り組み方・トレーニング方法などを
ご案内させて頂いています。

ネイティブとの生の英会話をご希望の方には、
阿川も信頼している提携先(阿川自身もレッスンを受講中)を
ご案内させて頂きます!

(*`Д´)ノ Reading : 読む力を身につけるには?

ある程度以上のレベルの英文を読めるようになるには、
絶対に文法力が必要です。

ここでいう文法力というのは、
「英文を読むために必要な、読み方のルール」
についての知識のこと。

これがあやふやな状態で、ただ闇雲に多読をしていても、
なかなかちゃんと読めるようにはなりません。

能率よくリーディング力を身につけたいのなら、まずは
「英文を読むために必要な、読み方のルール」を身につけることが
オススメです。

また、単語力も重要です。いくら読み方のルールが分かっていても、
1行につき3個も4個も分からない単語が出てくる状態では、
文の意味を理解することは難しいでしょう。
 
阿川イチロヲ英語スクールでは。

その道のプロ、阿川イチロヲが、直接 1対1~2 で教えます。

サクサク&ラクラク進んで、短期間で劇的に英文が読めるように
なるので、みなさん驚かれます。

単語力に関してもご安心ください。阿川イチロヲが実際に試して
効果を実感したオススメの単語学習法をご案内させていただきます。

(*`Д´)ノ Writing : 書く力を身につけるには?

ライティング力 = 文法力 と置き換えて問題ないでしょう。

英語と日本語では、文を作るルールが根本的に違うので、
日本語の発想でただ単語を並べていても、正しい英文・通じる英文にはなりません。

とにかく、文法に注意をしながら、実際に文を組み立ててみようと
することが大事です。

でも、あまり難しく考える必要はありません。
実際のところ中学レベルの英文法の知識があれば、
ほとんどの日常的な内容が表現できるのです。
 
阿川イチロヲ英語スクールでは。

その道のプロ、阿川イチロヲが直接 1対1~2 で教えます。
サクサク&ラクラク進んで、短期間で劇的に英文が書けるようになるので、
みなさん驚かれます。

あわせて「英文法のトリセツ」シリーズを読むことで、
さらに能率よくライティング力を上げることができます。

(*`Д´)ノ Speaking : 話す力を身につけるには?

スピーキング力を上げるためには、積極的にどんどん話そうとすること
が大事です。

でも、英語と日本語では、発音やアクセントなどが全然違う点に注意!

カタカナ発音では全然ダメ! ……とまで言いませんが、
よりスムーズなコミュニケーションのためには、やはり発音が良いに
越したことはありません。

英語らしい音のポイントや通じるポイントというのがちゃんとあるので、
どんどん話す中でも、少しずつそういうポイントを意識していくように
するのが理想です。
 
阿川イチロヲ英語スクールでは。
 
初心者の方でもアルファベットがあやふやな小学生でもラクラク取り組むことができる
オリジナルの音声トレーニング教材をご用意しているのでどなたでも安心♪

ご要望に応じて発音のポイントレッスンも可能ですし、
実際に阿川イチロヲ自身が使っているオススメの発音トレーニングソフト
などもご紹介させていただきます。
ネイティブとの生の英会話をご希望の方には、
阿川も信頼している提携先(阿川自身もレッスンを受講中)を
ご案内させて頂きます!

→ トップページ
→ レッスンの特徴
→ 基本カリキュラム
→ 本と生レッスン
→ システムと料金
→ 阿川イチロヲの本の紹介へ
→ オススメ教材